マタニティケア

妊娠中のママの身体について

妊娠中のママの身体は、出産に向けて「リラキシン」というホルモンが分泌されます。 このホルモンは、出産予定日頃には約 3kgになる赤ちゃんが産道をくぐり抜けられるよう、骨盤をゆるめる働きをします。このホルモンが働く事でママの身体には様々な症状が引き起こされる可能性があります。

ママが感じる事の多い症状

  • ・妊娠して身体がつらい
  • ・股関節や恥骨・尾骨が痛い
  • ・尿もれで悩んでいる
  • ・骨盤ベルトの付け方が分からない
  • ・首や肩が凝ってくると頭痛になる
  • ・頭痛で吐き気やめまいがする

症状の原因

現代女性の多くは、子供の頃から 「歩く」「しゃがむ」などの運動を十分せずに成長しているため、 骨盤を支える靭帯が昔に比べ細く弱くなっています。その上で、妊娠中のママの身体に分泌される「リラキシン」が骨盤を緩め、元々の筋肉量が少ないので身体を支える事ができず、体が歪んで行く事で体の不調を引き起こします。
妊婦はつらいものだと諦める方もいらっしゃいますが、この状態が続くとママの体だけではなく、お腹の中の赤ちゃんにも影響がでてきてしまいます。

症状の原因画像

赤ちゃんへの影響

ママの身体が歪んだままだと、子宮が歪んでしまい、赤ちゃんにとって居心地の悪く、窮屈な姿勢で過ごす事になり、出産後に「良く泣く子」「育てにくい子」になる可能性があります。また、身体が歪んだままだと出産の際にも影響が大きくなります。

出産時の痛み

通常、骨盤が整っていると産道がまっすぐに整っているので、出産もスムーズに進む事が多いですが、歪んだ身体のままで出産を迎えてしまうと、骨盤が整っていないので、赤ちゃんが通る道もぐにゃぐにゃになります。
そうなると、赤ちゃんは、ぶつかりながら出てこようとするので、強い痛みがあるのにお産がなかなか進まない状況になる事があります。

出産時の痛み画像

安産のための身体作り

安産のための身体作り画像"

ケアサロンみらくるでは、妊娠中のママが快適なマタニティライフを過ごせるように、骨盤ケアを行っております。
身体の基本となる骨盤をケアする事により、妊娠してからの腰痛や肩こりが辛いと感じるママの身体がラクになるだけでなく、赤ちゃんのお部屋である子宮がまぁるく居心地を良いものにする事ができ、のびのび過ごす事ができるようになります。
また、骨盤ケアを受けられた方にはこんな効果がありました。

こんなお言葉を頂いております

  • ・腰の痛みが改善された
  • ・吐き気が治まった
  • ・階段が降りられるようになった
  • ・歩けるようになった

セルフケア指導も行います

お店にこなくても自分でできるセルフケアの方法をお伝えいたします。 カイロサロンみらくるでお伝えするセルフケアは操体法と言って、家でできる簡単な運動で、歪んだ骨盤や筋肉を整える体操法です。緩んだ骨盤を支えるトコちゃんベルトを持っている方であれば、一緒に使い方もお伝えさせていただきます

セルフケア指導も行います画像

料金

マタニティケアコース 初診(75分)
6,000円
マタニティケアコース(60分)
5,000円
検査料 (前回の施術より6ヶ月開いた場合、再検査が必要となります)
1,000円
出張料金
5km圏内1,000円/10km圏内2,000円

ご準備いただく物

  • 妊娠中・産後の方は母子手帳をご準備ください。
  • フェイスタオル1枚をご持参ください。
  • ケアを受ける際は、楽な服装(ズボン等)でお願いします。

施術の流れ

  • 1.カウンセリング画像
    1.カウンセリング
    現況の身体の状況を確認し、どこが痛いのかを確認致します。
  • 2.赤ちゃんの検診画像
    2.赤ちゃんの確認
    子宮の形や赤ちゃんの位置・拍を確認します。
  • 3.セルフケア指導画像
    3.セルフケア指導
    ママの身体に合わせてできるセルフケア(操体法)の方法を指導いたします。
    ※操体法とは家で簡単にできる骨盤を整えることや、こりを緩めるための体操です。
pagetop