新着情報

妊娠中の女性に重要な葉酸!摂取が推奨される理由や必要な量とは?


 

 

妊活中、妊娠中の女性は、母体のためだけではなくお腹の中にいる赤ちゃんのためにも、
健康的でバランスのいい食事を摂ることが重要になります。
その中でも、積極的に摂取が推奨されている栄養素の1つが葉酸です。
葉酸がなぜ大切なものなのか、その効果や必要性についてご紹介していきましょう。

 

葉酸と妊娠の関係について

葉酸というのは水溶性ビタミンB群の一種で、新しい赤血球を作り出すサポートをする栄養素です。
貧血気味のかたが多い女性にとって、貧血予防としても役に立ちます。
また、妊娠中、特に初期に活発になる胎児の細胞分裂を手助けしたり、
遺伝情報に深く関わるDNA合成を行うなど、お腹の中の赤ちゃんの発育に重要な働きをするというのがポイント。
女性がまだ身体の変化に気が付かない時期に、胎児の脳や中枢神経、脊椎など、
人体にとって最も大切な器官が形成されます。
もしこの時に葉酸が不足していると、赤ちゃんがうまく育たずに神経管に異常を来たしやすくなり、
神経管閉鎖障害などの先天的異常のリスクが高くなってしまうのです。
母体から赤ちゃんへ、お父さんとお母さんの遺伝データをスムーズかつ不足なく伝えるために、
妊娠中のカギを握る栄養素が葉酸。
そのため、可能な限り、赤ちゃんができる前から摂取を始めることが推奨されています。

 

妊娠中の女性に必要とされる葉酸の量

では、妊娠を希望するかたや妊娠中のかたにはどのくらいの葉酸が必要になるのでしょう。
目安としては、一般的な女性の場合には1日あたり240μgなのに対し、
妊娠した可能性のある女性、妊娠初期の女性はさらに400μgプラスして640μグラム。
赤ちゃんがお腹の中で育ってきた、妊娠中期から後期は1日に480μgです。
葉酸はアボカドやイチゴ、ホウレン草などの食材にも多く含まれている栄養素ですので、
バランスのいい食事を心がけていれば、極端に不足することはありません。
ただし、水溶性ビタミンという性質上、水に溶け出しやすく熱にも弱いという欠点があるため、
調理の過程で食材の量に対して摂取できる葉酸は少なくなってしまいます。
また、飲酒することで葉酸の吸収率が下がったり、タバコを吸うことで体内の葉酸値が低くなり、
不妊や流産の原因にもつながりなりかねません。
せっかく摂取した葉酸を無駄にしないためにも、妊娠中はいつも以上に健康的な生活を心がけるようにしてください。

 

足りない分はサプリメントで補おう

葉酸を効率よく摂取できることから、厚生労働省でも妊娠中のかたへのサプリメントの摂取を推奨しています。
1日に摂れる葉酸の量がわかりやすいのもメリットで、容量をしっかり守っていれば過剰摂取にもなりません。
気分が優れずに食欲がわかない妊娠中でも、錠剤であれば味や匂いを気にせずに飲むことができます。
なお、葉酸には天然のポリグルタミン酸型と、合成のモノグルタミン酸型があります。
効果を期待して気持ちよく飲み続けられることが第一ですので、
ナチュラル志向のかたであればポリグルタミン酸型を飲むのがいいでしょう。
ただ、吸収率がより高められていることから、効率を重視するのであればモノグルタミン酸型がおすすめです。
一口に葉酸サプリメントといっても、メーカーによって品質はさまざまですので、
予算や形状、内容成分を比較した上で、信頼して飲めるものを探すようにしてください。

 

葉酸の摂取はもちろん重要ですが、お腹の中の胎児のために健康な身体を作ろうと思えば、
葉酸の働きをサポートするさまざまな栄養素が不可欠ですし、妊娠中であっても適度な運動は必要です。
身体の内外の準備をしっかりと行い続けて、いい出産が迎えられるようにしてください。

 

岡崎市の骨盤ケアはケアサロンみらくるにご相談下さい。


店舗名:ケアサロンみらくる

住所:〒444-0931 愛知県岡崎市大和町字中切54-1

TEL:080-6737-4485

営業時間:9時~18時 定休日:不定休

業務内容:整体

pagetop