新着情報

妊娠中に悩まされるむくみの原因と、その対処法とは?

 

 

妊娠中は今まで経験したことが無かった身体の変化に驚かされることが多いものです。
尿漏れや血圧の上昇などいろんなトラブルが起きがちですが、
中でも多くの妊婦さんが経験するのは「むくみ」です。

 

妊娠中の身体の変化

妊娠は身体に急激な変化が発生します。
まずホルモンバランスが大きく変わり、むくみやすい体質になります。
さらに、妊娠中は赤ちゃんの血液を作るために多くの水分や栄養素を必要とし、母体に溜め込もうとします。
この現象もむくみの原因です。
さらに、妊娠後期になるとどうしても運動量が落ちるので、
身体全体がむくむような現象に陥ることもあります。
妊娠後期は子宮内にいる赤ちゃんが大きくなり、様々な内臓を圧迫します。
心臓も胃腸に押される形で圧迫され、血流の流れも遅くなりがちです。
すると、身体全体がむくむようになります。
靴下のあとなども残りやすくなり、顔も腫れぼったくなるなど、
妊婦さんにとって妊娠後期は体調管理が難しい時期です。
では、妊娠中のむくみにはどのようなケア方法があるのでしょうか。

 

妊娠中のむくみケア

妊娠中の体の変化は妊娠独特の由来ですが、ケア方法は一般的なむくみケアと変わらない方法でも十分です。
まずケア方法としてはむくみの原因となりがちな塩分を減らすことです。
特に妊娠中は塩分や脂質の取り過ぎで「妊娠糖尿病」などの病気も起きやすくなっています。
塩分や油分を減らし、バランスの良い食事を取ることが重要です。
また、外部に塩分を輩出しやすい「カリウム」の摂取することもおススメです。
カリウムはサプリメントも販売されていますが、バナナや野菜で摂取することも出来ます。
カリウムは水溶性という性質があるので、生でも安全に摂取できる食べ物がおすすめです。
生の食べ物によってはトキソプラズマのリスクがあるので、
安全な摂取方法についてはかかりつけの医師に相談をしながら行うと良いでしょう。

 

軽めの運動も取り入れよう

妊娠中はどうしても運動をしにくいのですが、むくみの除去には軽めの運動もおススメです。
特に近年は妊婦さん向けのストレッチ講座を開いている産婦人科なども多くなっています。
また、むくみが起きやすい下半身向けのヨガも人気があります。
妊娠中でも出来るヨガメニューは人気が高まっており、道具も不要で、自宅でも簡単に挑戦できます。
ウォーキングなどもおススメですが、身体に負担感があるようなら軽めのヨガで心身を整えると良いでしょう。
産婦人科医によっては妊娠中の体重の増加を管理するケースがあります。
これは妊婦の年齢や疾患の有無、母体の健康状態など様々な理由があります。
体重の増加が著しい場合、どうしても妊婦さんの身体はむくみやすくなります。
母体の状態に合わせた適度な運動が必要なケースもあるので、
この場合も医師に相談しながら行ってみましょう。
運動が制限されている場合、むくみを除去する「着圧ソックス」もおススメです。
着圧ソックスの使い方は、むくみを足から除去するために着圧が強い靴下を履く、というものです。
産褥期のむくみケアにも使うので、入院中に産後の必要道具として揃える場合もあります。
妊娠後期には履いている方も増加するので、気になる場合は一度着用してみるのも良いでしょう。

 

まとめ

このように悩まされがちなむくみですが、発生するとどうしても水分を減らすことを考えがちです。
しかし、妊娠中は自分と赤ちゃんの水分を補給していることになります。
水分を減らしてしまうと体調不良になりかねないので、水分はこまめにきちんと補給するようにしましょう。
特に妊娠後期は身体に必要な水分が増加します。

 

岡崎市の骨盤ケアはケアサロンみらくるにご相談下さい。


店舗名:ケアサロンみらくる

住所:〒444-0931 愛知県岡崎市大和町字中切54-1

TEL:080-6737-4485

営業時間:9時~18時 定休日:不定休

業務内容:整体

pagetop